NPO法人くすのき『恩送りプロジェクト』 こちらをクリック

【昨年12月、火災現場からレスキューした猫たち総勢16匹】

【昨年12月、火災現場からレスキューした猫たち総勢16匹】

昨年12月

野良猫たちへの餌やりをしてくれていた方や近隣の方のTNRM (避妊・去勢手術後、元の場所へ戻して餌やりさんによる管理)の話を進めていた場所で起こった昨年末の火災。

焼け野原となった現場では、多くの野良猫も犠牲となりました…

そんな中、生き延びてくれた16匹の猫を緊急保護しました。

16匹の全ての猫が、エイズか白血病のどちらか、または両方を持っていました。

全頭を医療にかけましたが、 そのうち1匹は既に発症しており、 さらに1匹が心疾患もあったのか、急変して 虹の橋を渡ってしまいました… 残った14匹のうち、3匹が現在、ご飯が全く食べられない為、鼻からカテーテルを挿入しての治療、全部の歯がボロボロな為に抜歯治療中です。

 同じ場所に居た子たちの中には 人知れず、エイズや白血病などで 命を落とした子も居たかもしれません… 外で暮らす子たちにとって、病気や災害のリスクはかなり高く、 無事に生き延びて、 幸せなずっとの家族へと繋いでいくためにも 目の前の命を救い続けることは 私たちの使命なんだと ひしひしと感じられた一件でした。

 …とは言え、多くの猫たちの命のお世話をすることには 労力も財力も必須となります。

くすのきにゃんずのためにと いつも支援金の他にもフードや猫砂などの支援物資を届けてくださる方たちのおかげで くすのきは活動を続けることが出来ております。

 本当に本当にありがとうございます!! これからも 不幸な命を増やさないために 皆さまと共に歩んでまいります

これからも、ご支援をよろしくお願いいたします。

NPO法人プロジェクト」詳細はこちらから